ポスター
ポスター

レース展望(12月1日現在)

展望

近畿の雄、古性優作が主軸か。
全国の強豪を団結力で迎え撃つ近畿勢

1月9日より開催される開設72周年記念、和歌山グランプリ。西日本地区では新年を飾る最初の記念レースでもあり22年の競輪界を占う意味でも重要なシリーズとなりそうだ。V1番手は8月GIオールスターを制しタイトルホルダーの仲間入りを果たした近畿の古性優作。アグレッシブな走りでビッグレースでも奮闘しているだけに、18年以来4年振りの地元記念Vへ闘志を燃やす東口善朋や、7月FI岸和田、8月FI福井でVを飾った寺崎浩平、年に1度の地元記念で気合いの入る椎木尾拓哉稲毛健太中西大らと力を合わせ全国の強豪を向え撃つと共に、初のSS班としての責任を全うしよう。

地元近畿勢に立ち塞がるのが南関の郡司浩平と、中国の松浦悠士のSS班両名。2月GI全日本選抜を制し3年連続でSS班の座に就いた郡司。ラインの機動力型と同乗した時はしっかりと番手の競走もこなしているが、10月GIII平塚決勝では先制する清水裕友を射程に捕え強烈な捲りでVを飾るなど、破壊力は競輪界屈指なだけに、20年当所で行われたGI高松宮記念杯で準V、21年1月当所GIIIで決勝3着と和歌山バンクと相性良い和田健太郎を引き連れ豪快な走りを見せてくれよう。

和歌山バンクで抜群の戦歴を持つのが松浦悠士。16年当所記念の決勝進出を皮切りに20年GIIIでV、20年GI高松宮記念杯で決勝3着、1月GIIIでもVと得意バンクにしており、8月GIII松戸決勝でワンツーを決めた岩津裕介のアシストを受け変幻自在な攻めで別線勢を翻弄しよう。

もう一人のSS班、北日本の佐藤慎太郎もⅤ候補の一角。5月GI日本選手権、6月GI高松宮記念杯、7月GIIサマーナイト、8月GIオールスターとビッグレースで4度の決勝進出とハイレベルな戦歴を残すなど、シャープな差し脚に卓越したコース取りは健在。連係実績豊富な小松崎大地を目標に貫禄を示そう。

個性派が揃ったのが九州勢。先導役を務める嘉永泰斗は10月GIII久留米決勝こそ北津留翼を目標に記念初Vを飾ったが、11月FI松山では先行、捲りを使い分け無傷で決勝進出と持ち味はスピード。9月FI久留米、11月FI佐世保、続くGIII武雄でVとムード良い荒井崇博や、9月当所FI戦でVを上げ11月岸和田で完全Vを飾った坂本健太郎らが嘉永を援護し抜け出しを図る。10月GIII平塚で決勝進出、続くFI高松でVを上げた野田源一も総力戦でV獲りを狙って行く。

戦力整う関東勢の主軸となるのは8月GIII高知でVを飾った長島大介だが、今開催1番の注目株は119期のスーパールーキー吉田有希だ。S級初戦となった9月FI青森の準決では山口拳矢を相手に逃げ切って1着突破。その後も11月FI平塚、続くFI豊橋で連続完全Vと破竹の勢いを見せている。今開催は練習仲間でもある朝倉智仁と同配分なのも心強い限りだ。初登場となる和歌山バンクを豪快に駆け抜けよう。

長尾拳太山口泰生笠松信幸の中部勢や、11月FI小松島でVを上げた島川将貴山中貴雄の四国勢も力を合わせV争いに参戦する。

出場予定選手(KEIRIN.JP)>>

ガンバレ!和歌山勢
  • 東口善朋
  • 椎木尾 拓哉
  • 稲毛 健太
  • 中西 大
  • 中野 彰人
  • 石塚 輪太郎
  • 南 潤
  • 張野 幸聖

概定番組

概定番組

和歌山バンクの特徴

最大カントが割ときつく、みなし直線距離も長いために、捲りと追い込み型に有利なバンクだ。「差し―先行」の決め手がトップで、好配車券 の「差し―差し」11.3%と4番目に多いのが特徴。自力型に追い込み型の連絡みも多く、戦法的に極端な有利・不利の無いバンク。
1・2着決め手データ、上がりタイム バンクデータ